やまけんの仲間達


▶ 初代校長:TSさん

img099初代校長のTSさん。学科も違うし、ゼミでもないし…。でも根気よく山本研究室(やまけん)に通い、この散らかった部屋を片付けたり、災害ボランティアの際は新聞記事をマメに収集してくれたりしました。なによりも、似顔絵は抜群の腕前で、今もなお、時々ボクの似顔絵を描いて送って来てくれます。かつては施設の壁面をデザインしたとか…。現在は地元山形県の高齢者施設で勤務。


▶ 初代教頭:WTさん

img100初代教頭のWTさん。笑顔がステキで、地球人離れした言動は大きな魅力でした(ボクは宇宙人に出会ったことはありませんが…)。保育実習の期間中は何kmもの距離を自転車で走り、毎日のようにやまけんに立ち寄ってくれました。仙台出身の都会っこですが、今は大学に近い保育園の保育士さん。とても素晴らしい感性で、「あるべき保育」に日々取り組んでいます。2004年中越地震のボランティアにも一緒に出かけました。


▶ 初代室長:YYさん

img101初代室長のYYさん。海が好き…というか、海のモノが好きなYYさんは、回転寿司皿数記録をやぶる後輩がいません。ホヤに目が無く(ホヤという生物に、ではなくホヤが大好物)、飲み屋ではバクライを頼むYYさん。明るく、誰にでも愛される人柄で、保育士を数年…。今は青森県在住です。学生VCの先輩として、今もなお、大学にはよく来てくれます。2007年中越沖地震では災害が起きてすぐに現地へ向いました。


▶ 初代組長:NMさん

img102初代組長のNMさん。高校生として入試の面接をボクが担当して以来、ずっとやまけんとのつながりを持ってくれています。卒業後も一番多く出会っているか…それもそのはず、大学のスタッフとして今は彼女自身が立上げに大きく貢献した学生VCを支援する担当です。2007年中越沖地震では長期ボランティアに参画しました。NMさんの人生に起こりうるもろもろのコトは、やまけんの水晶玉で占っています。


▶ 初代掃除大臣:AYさん

img103初代掃除大臣のAYさん。もともと社会福祉学部には女性が多いので“やまけんの主”も女性ばかりでしたが、初めての男性登場。彼もまた、高校生の時に、入試相談あたりで偶然、ボクのところに出現し、そのころからの夢、災害ボランティアチームを組織し、学生VC初代代表となりました。2007年中越沖地震では災害が起きてすぐに現地へ向いました。”07いわての風”リーダー。現在は大学院生として、後輩の育ちを見守る頼れる存在です。


▶ 初代秘書:FAさん

img104初代秘書のFAさん。秘書らしくやまけん在住中(!?)は資料の整理やお仕事の手伝いを丁寧にこなしてくれました。データ処理等はお願いしたことがいつも期待以上の仕上がり!。時にそのマジメで几帳面な性格が“曖昧、適当”なボクを許せないこともあったようですが、どちらかというとインドア派の彼女も2007年中越沖地震では往復1,000km、仲間を乗せて車を走らせ、ボランティアに参加するという冒険をしてくれました。


▶ 初代総長:MYさん

img105初代総長のMYさん。現在3年生在学中。コンパクトで持ち運びしやすいサイズの肉体からは、想像を絶するパワーを発揮します。AYさんから風土熱人Rの代表を引き継ぎ、いまや全国的なブーム!?の「DoNabenet」の発案者です。リーダー的役職を嫌いながらも、リーダー的存在感を維持する不思議なひとです。2009年の夏には柏崎市の応急仮設住宅からの引越しボランティア(約20名)でプロジェクトリーダーを務めました。


▶ 初代店長:YAさん

img106初代店長のYAさん。現在学生ボランティアセンター代表の3年生。MYさんとともに「DoNabenet」の活動を継続しその代表でもあります。日常生活のほぼ93%はこの写真のような笑顔です。話すテンポは“ネコ型ロボット”並ですが、行動力は“パタパタママ”くらいかもしれません。人一倍、ボラセン合宿の回数をこなしているというウワサもあります。昨秋には「DoNabenet」を柏崎市でも開催、冬には豪雪地帯の西和賀町に学生ボラセンの出張所を開くなど、どこにでも出現します。

2014-05-16 | Posted in 岩手県立大学, やまけんComments Closed 

関連記事